発達障害

【事例-169】知的障害・自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級に認められた事例(茨木市)

【知的障害・自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級に認められた事例】 診断名:知的障害・自閉症スペクトラム障害 面談:事務所での面談(ご家族様) エリア:茨木市 相談時の状況 「子供が20歳の誕生日を迎えたので、年金手続きをしたい」とお母さまよりご相談を頂きました。 社労士による見解 3歳時検診で言葉の遅れを指摘され、親子教室に通い始めました。そこで集団生活の練習をしましたが、
続きを読む >>

【事例-165】自閉症スペクトラム障害で障害等級2級に認められた事例(茨木市 お母さまよりご相談)

【自閉症スペクトラム障害で障害等級2級に認められた事例】 診断名:自閉症スペクトラム障害 面談:事務所での面談 エリア:茨木市 相談時の状況 お子様が20歳になるので障害年金を請求したいと、お母さまよりご相談を頂きました。 社労士による見解 小学生の頃から人との関わりが上手くいかず、低学年の頃に不登校で診察を受けて以後、通院を継続していらっしゃいました。 中学生になるにあたり、制服
続きを読む >>

【事例-156】診断書を書いて頂ける病院がないとご相談を頂き、知的障害・自閉症スペクトラム障害で障害等級2級に認められた事例

【躁うつ病で障害等級2級に認められた事例】 診断名:知的障害、自閉症スペクトラム障害 面談:事務所での面談 エリア:- 女性/- 相談時の状況 20歳になるので障害年金の申請を考えたが、これまでに継続した通院が無かった為、何処の病院で診断書を書いてもらえばよいかわからないとの相談から始まりました。 受任してから申請までに行ったこと 過去にご兄弟の申請手続きをさせて頂いた経緯もあり、
続きを読む >>

【事例-155】自分で申請しようとしたが申立書を書けず、双極性感情障害・注意欠陥多動性障害で障害等級2級に認められた事例

※双極性感情障害・注意欠陥多動性障害 【自分で申請しようとしたが申立書を書けず、双極性感情障害・注意欠陥多動性障害で障害等級2級に認められた事例】 相談時の状況 自分で申請しようと取り掛かっていたが、病歴就労状況等申立書の作成で行き詰まり、そのまま数年が経過したとの事でご依頼を頂きました。 受任してから申請までに行ったこと 通院歴や症状を伺うと、体調の波等により通院を継続できず、短期の通
続きを読む >>

【事例-151】自閉症スペクトラム障害、ADHDで障害等級2級に認められた事例

※自閉症スペクトラム障害、ADHD 【自閉症スペクトラム障害、ADHDで障害等級2級に認められた事例】 相談時の状況 将来を心配したご両親からご連絡を頂き、後日ご本人様も一緒に来所されました。 幼少期から集団の中で孤立しがちで、アルバイトが続かず、就労支援事業所に通所中との事でした。 受任してから申請までに行ったこと 定期的に継続した通院が出来ず、転々と病院を変わっていらっしゃった為、
続きを読む >>

【事例-148】自閉症スペクトラム障害で障害等級2級に認められた事例

※自閉症スペクトラム障害 【自閉症スペクトラム障害で障害等級2級に認められた事例】 相談時の状況 20歳になるので障害年金を申請しようとお母さまより相談がありました。 小学校低学年の頃に不登校で診察を受けて以後、通院を継続していらっしゃいました。様々なことに強いこだわりがあり、一人では外出が困難等、日常生活は家族の援助が必要なご様子でした。 受任してから申請までに行ったこと ご家族様よ
続きを読む >>

【事例-146】知的障害と自閉症で障害等級2級が認められた事例

※知的障害、自閉症 【知的障害と自閉症で障害等級2級が認められた事例】 相談時の状況 高校3年生の時に引きこもりを心配した親が病院に連れて行ったことがきっかけで発達検査を受ける事になり、知的障害がある事も分かりました。 ご両親が思い起こすと、幼少期から周りとコミュニケーションが取りづらく、新しい環境に馴染みにくい等で、対人関係が上手く行かなかったとの事でした。また、普通学級に通っていました
続きを読む >>

【事例-141】医師からのご紹介でご依頼を頂き、双極性感情障害・広汎性発達障害・注意欠如多動性障害で5年間の遡りが認められた事例

※広汎性発達障害・注意欠陥多動性障害・双極性感情障害 【医師からのご紹介でご依頼を頂き、双極性感情障害・広汎性発達障害・注意欠如多動性障害で5年間の遡りが認められた事例】 相談時の状況 幼少期から他者との関わりが上手く行かず、職場でもコミュニケーションや対人関係に悩み、休職と復職を繰返して近いうちに退職に至るので、今後について障害年金のご相談を頂きました。 受任してから申請までに行ったこと
続きを読む >>

【事例-135】初診時の病院が廃院していたが、双極性感情障害、注意欠陥多動性障害で障害等級2級に認められた事例

※双極性感情障害、注意欠陥多動性障害 【初診時の病院が廃院していたが、双極性感情障害、注意欠陥多動性障害で障害等級2級に認められた事例】 相談時の状況 自分で手続きを試みるも、初診時の病院が廃院しており、「自分では手続きが出来ない」とご相談を頂きました。 受任してから申請までに行ったこと まずは初診日を確認するために病歴を伺いました。その際、初診当時の主治医の所在を知っていると伺いました
続きを読む >>

【事例-133】ダウン症、知的障害の方の申請について、ご相談を頂いたケース

※ダウン症、知的障害 【ダウン症、知的障害の方の申請について、ご相談を頂いたケース】 相談時の状況 高等支援学校より障害年金の説明を受けたが手続きに不安があるとの事で、ご連絡を頂きました。後日、保護者の方にご来所頂きました。 受任してから申請までに行ったこと 今後の申請の流れ等をご説明させて頂く中で、療育手帳の交付は受けているものの、これまでに申請する傷病について受診をした事がないとのお
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 050-3005-8972

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

疾病・症状別の受給事例

  • 精神疾患(うつ病・統合失調症など)についての事例はこちら
  • がんについての事例はこちら
  • 脳疾患・心疾患についての事例はこちら
  • その他(人工透析・人工関節など)についての事例はこちら
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-665-8345 メールお問い合わせ
アクセス