統合失調症

統合失調症で障害基礎年金2級が決定し、5年間遡及も認められたケース

相談時の状況 最初の症状が出てから約15年経ってのご相談でした。詳しい状況をお聞かせいただくため、ご本人様と一緒にご家族様にも事務所にお越し頂きました。 社労士による見解 幻聴や幻覚があり、入院歴がありました。 家事や一人での通院はできず、一日のほとんどを横になって過ごしているとの事でした。日常生活には家族のサポートが必要で、就労は出来る状態ではありませんでした。 これらより障害等級2級
続きを読む >>

家族が申請を試みたが頓挫してしまい、途中から依頼を頂き、統合失調症で障害基礎年金2級が決定し、5年間の遡及も認められたケース

相談時の状況 ご本人様とご家族の方に事務所にお越し頂きました。 社労士による見解 ご家族が障害年金の申請を試みましたが、5~6回年金事務所に足を運んでも制度や手続きの理解が難しく、途中で頓挫してしまい当事務所にご相談いただきました。 病歴が長く、幻聴・幻覚や妄想があり、自殺未遂もありました。家事や育児が出来る状態ではなく、過去には入院歴がありました。家族以外との対人関係を築くことができず、
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級に認められ、5年間遡及もできたケース

相談時の状況 ご家族様よりお電話でご相談いただき、後日ご本人様と共に事務所にご来所頂きました。 受任してから申請までに行ったこと ストレスを抱え、発症されました。自傷行為で初めて病院を受診し、その後入院となりました。退院後も妄想・幻聴があり、何度も入退院を繰り返していました。 ご本人様とご家族様のそれぞれから詳しく聴き取りをさせて頂き、その内容を診断書の依頼文と病歴就労状況等申立書に記載し
続きを読む >>

初診日が20歳前にある統合失調症で、障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 ご家族様よりお電話でご相談いただき、後日面談にご本人様と一緒にご参加いただきました。 社労士による見解 学生時代より幻聴・幻覚が続いており、卒業して就職をするも、やはり幻聴・幻覚で長くは続かなかったとの事でした。 就職している間は一人暮らしをしていたものの、日常生活に支障がある事から退職して実家に帰り、自宅療養をしていました。「最近は家族も気になる程の症状なので、障害年金をも
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談時の状況 数年前より、誰かの声が聴こえる・誰かが自分を見張っているという感覚がありました。近くの心療内科を受診しましたが神経症と診断され、投薬治療やカウンセリング等を受けましたが症状は改善せず、受診することをやめてしまいました。 症状がひどくなりパニック状態に陥った為、大学病院の精神科を受診し、統合失調症と診断されました。 依頼から請求までのサポート 初診日の傷病名が神経症であり、その
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 050-3005-8972

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-665-8345 メールお問い合わせ
1分間受給判定
アクセス