額改定請求で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況

振戦、不随意運動、痙直等の症状があり、歩行には杖が必要なご様子でした。以前に就いていた仕事も、この病気が原因で退職を余儀なくされたとの事でした。


ご自身で請求した際の3級に決定した診断書を見せて頂き、実際の症状はその時よりも悪化している事がわかりました。

受任してから申請までに行ったこと

パーキンソン病はオンとオフの時で症状が変わります。
診断書を作成していただき、額改定請求をしました。

その後、年金機構より照会が入りましたが、それに対しても医師のご協力を得ながら対応致しました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。
審査の過程で年金機構から照会が入ることもありますが、障害年金の受給にはポイントがあります。

ポイントがズレない様、相手が何を確認しているのかを踏まえた対応が重要です。
まずは、専門家にご相談されるのをおすすめします。

その他(難病)の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 050-3005-8972

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-665-8345 メールお問い合わせ
1分間受給判定
アクセス