自分で手続きをしたが、途中で行き詰まりご相談を頂いたケース 知的障害・自閉症で1級・約1年半遡及で決定

※知的障害・自閉症
【自分で手続きをしたが、途中で行き詰まりご相談を頂いたケース 知的障害・自閉症で1級・約1年半遡及で決定】

相談時の状況

まず、ご家族様よりご連絡を頂きました。「自分で手続きをしようとしたが、途中でわからなくなり、続きを依頼したい」との事でした。ご本人様は対人恐怖で来所が困難だったため、代わりにご家族様に来所頂きました。

受任してから申請までに行ったこと

自閉症と知的障害について、日常生活のご様子を伺いました。まず、ご家族様がご本人様の様子を詳しく把握していらっしゃいました。加えて幼少の頃から約10年間、1つの小児科に通い続けていらっしゃいましたので、主治医もご本人様のご様子をとても詳しく把握していらっしゃいました。これらにより診断書の内容がとても詳細で充実しており、病歴を文章でまとめる際に、審査官に詳しく状況を伝える事が出来ました。

結果

障害基礎年金1級に認められ、約1年半の遡及も決定しました。
今回の障害年金の請求を通して、①症状を適切に把握すること及び②主治医との円滑な関係を築いて症状をしっかり把握していただく事の大切さを改めて学ばせて頂きました。

受給事例の最新記事

発達障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 050-3005-8972

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-665-8345 メールお問い合わせ
1分間受給判定
アクセス