約1年半通院していた病院で「病名が不明」だと診断書の作成を拒まれたが、うつ病で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況

ご本人様よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会にご参加いただきました。

社労士による見解

家族との別れにより不安やストレスを抱え、うつ病を発症されました。

お会いした時もお顔の表情が無く、無気力・食欲不振・不眠があり、
家族や友人の支えにより日常生活を送っている状態でした。

仕事が出来る状態ではなく、退職をしていました。
「うつ病」を専門分野にしているクリニックに、月に数回のペースで約1年半、
定期的に通院し薬を処方されてうつ病の治療を受けていました。

ようやく認定日を迎えたので、主治医に障害年金の申請について口にした途端、
「病名が不明」との理由で診断書の作成を拒まれてしまった…とご相談を頂きました。

上記の症状により障害等級2級に該当する可能性が高いと判断し、
手続にあたり主治医の協力は得られないので、まずは診断書への対策を講じました。

受任してから申請までに行ったこと

これまでずっと、うつ病の治療を受けていたと思っていたが、「病名が不明」と言われ、
「これまで一体何の治療を頑張っていたのだろう…」と非常に落胆していらっしゃいました。

ご本人様の体調がこれ以上悪化しない為と、今後の治療についての両方を考え、
お住まいの地域で評判が良く、また障害年金の診断書作成のご経験の豊富なクリニックを
ご紹介しました。

すぐに転院され、その後数回通院した後、障害年金診断書の作成を依頼したところ、
快諾して下さいました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。

障害年金の受給決定はもちろんの事、今後の治療の面においても安心して通院できると
喜んでいらっしゃったのが印象的でした。

うつ病の最新記事

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 050-3005-8972

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-665-8345 メールお問い合わせ
1分間受給判定
アクセス