多発性硬化症で障害基礎年金2級に決定し、5年間遡及も認められたケース

相談時の状況

ご本人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。

社労士による見解

お一人での外出は困難の為、無料相談会にはご家族と一緒に参加されました。
杖を使ってゆっくりと歩くも、バランスを取るのが辛そうなご様子でした。

また字を書くことも困難で、ご家族が代筆をしている状況でした。

お話を詳しくお伺いすると、普段の外出時は車いすを使っている事や、一般的には少しの力で出来る事も一人では出来ず、日常生活には家族のサポートが必要でした。

このような状況から障害等級2級に該当する可能性が高いと判断しました。

受任してから申請までに行ったこと

詳しくヒアリングした内容をまとめた書類を、診断書の記載を依頼する際に医師にお渡ししました。
しかし、出来上がった診断書にはご本人様の症状がきちんと反映されていませんでした。

それは医師が悪いのではなく、通常、医師が記載する医学的な診断書と障害年金の診断書では
その目的が違うためです。

今回は、この点においてお伝えし、ご本人様の症状をきちんと記載して頂きました。

結果

障害基礎年金2級に決定し、5年間の遡及も認められました。

とても喜んで頂けた事が何よりも嬉しく思いました。

実際の症状がきちんと診断書に記載されず、軽く書かれてしまった為に障害年金が
受給出来なかったり、低い等級で決まってしまった…とのお問い合わせは多いです。

このような事にならないためにも、決定してからではなく、
事前に専門家に問い合わせる事をお勧めします。

その他(難病)の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 050-3005-8972

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談 電話相談 24時間 365日受付 072-665-8345 メールお問い合わせ
1分間受給判定
アクセス